学園と寮での生活について綴った日誌
夢であるように


喝采が・・・聞こえる



勝利の喝采が



人々は勝利に酔いしれている



杯を交わし、咆哮をあげ、天高く拳を突き上げる



ああ、その群衆に打ち寄せられ・・・ボクは人海に溺れていく



それでもその渦の中心に向かって・・・



熱狂の核に向かってボクは叫び続けるんだ・・・



『ゴルボボ・チャバサッサ!!!!』



チャバサッサ!!
チャバサッ・・
チャバサ・・
チャバ・・



―あれ?



頭を振って辺りを見回す。
そこは見慣れた学園庭内。



だけどいつもと違うのは、なぜかボクは大の字に倒れていて
全身に鈍い痛みが走っている。



これはもしかして・・・名誉の負傷というやつだろうか?



そうとしか考えられない。
だって今しがたまでボクは、伝説の人食い部族ベヘロッホ・・・
その愛憎渦巻く内紛に勝利を収め、新酋長の誕生を祝福していたはずなのだから。



「・・・夢を・・・見ていたのかな・・・」



頬を優しく風が撫でる。



その度に走る全身の痛みはあまりにもリアルだ。
だけどこの痛みがどれだけ戦の記憶を呼び起こしても・・・
ボクの目の前に・・・もうゴルボボはいない。



ゴールドよりも
ルビーよりも
ボツワナアゲートよりも
ボルトウッド石よりも



誰よりもチャバサッサしていた彼女はもういないんだ・・・



痛みと、倦怠感を抱えて立ち上がる。
数瞬の間、熱と、狂騒が立ち込めるあのジャングルへの追憶にふけり───
ボクはポケットに手を突っ込み、背を向けて歩き出した。



「グッバイ・・・ゴルボボ」



いい夢が見れたよ。
ならばボクはこの夢を脚本にしよう。
ボクの夢は夢じゃなかったんだって、ボクのペンが証明しよう。



まずはボクの書く本が大好きな可愛い妹たちへ送ろう。
父上は・・・とても厳格な方だからこういうのはお嫌いかな。
そうして・・・いつか世界中の人に・・・子に、孫に、何百年も先・・・
未来に住む子供たちにも読んでもらえるように・・・



そうすれば、いつでもキミに会えるから。



だから少しのお別れだ。
またいつかのキミに会うときは
ベヘロッホはどんな風になっているのかな。



キミにも子供がいるのかな。
おばあちゃんになって、シワシワになっているのかな。
古いしきたりはすっかりなくな



『●×△■@!%¥¥?#$$!!!!』



な、なんだこの叫び声は!?
学園中・・・いや、もしかしたら実家のノースブルック家にも
届きそうなこの咆哮は一体何事・・・
これは・・・キルガーロンの方角か!?



・・・・!!



あれは・・・
第六寮に向かって全力疾走していったあの姿は・・・!



ねぇねぇ君!
今向こう側で走ってた・・・そう、馬車より速く走って行ったあの子!
何て名前だか知ってる?



え?第六寮のミス・インファンテ?
あ〜はいはいゴルボボインファンテね!
なんだなんだいるじゃないゴルボボ。
え?デルフィナ・ロシオ・インファンテ?
いやだからミス・チャバサッサだろう?



了解了解!
それじゃあちょっとキルガーロ・・・いや、ジャングルに行ってくるよ。
え?キルガーロンは女子寮だから入るのはマズイって?
だいじょぶだいじょぶ!



古いしきたりは打破するものだからね!
17:00 (14ago)ラファエル・エドモンド・ノースブルック - -
I hope you are happy.


本当、驚いたわ!

まさかデルフィナに、
ミスター・ノースブルックから主役のお誘いがあるなんて…!

けど…、
「ジャングルの奥地に住む部族」の「酋長の娘」役…?

私にはちょっと…いえ、全く想像もつかない役だわ。

デルフィナが想像していた、
美しくも高貴な役では……きっと、ないのでしょう。

そう考えると、
主役とは言ってもデルフィナが気の毒だわ。

ですが、
あのミスター・ノースブルックをK.O.させてしまったパンチ力でしたら、
もしかしたら、とても素晴らしい役になるのかもしれない。
と考えてしまうのだけれど…。
デルフィナに怒られてしまうかしら…?




そうそう!
お目当ての方、ミスター・ダブロフスキーとも会えたみたいで、
本当に良かったわ!

監督生の仕事はバッチリ片付けているけど
ティーパーティーが始まるまでずっとソワソワしていて
こっちが心配になっちゃうくらいで…。

ふふ…良かったわね。デルフィナ!
 
17:00 (14ago)イルゼ・マリー・クレムラート - -
乙女の試練


もぉぉぉおおおおうっっ!!!!

なぁんなのよぉぉおおお!!!!!



今日は本当に何て日なの!?
わたくし、何かしたかしら!?


オスヴァルトの言葉にちょっと浮かれて…いいえ!戸惑っていたら、
その様子をイルゼに見つかってしまったの。
な、何をどう勘違いしたのかわからないけれど、
あの子わたくしの「お目当て」がオスヴァルトだなんて言うのよ!
なんでバレ……んん、そんな訳のわからないこと思ったのかしら!


……変なところで勘が鋭いんだから…!


そんな話をしていたら、目の前にあの変人が現れたのよ。


そう、ランチェスター1の変わり者、ミスター・ノースブルック!


噂に聞いていたけれど、あそこまでおかしい人だと思わなかったわ!
ぶつぶつ独り言を言っていると思ったら、いきなり大声を上げたり…。
あげく、いきなりわたくしのことを
「ミューズ…!」だなんて!
女神!わたくしが女神ですって!!

そのときはわたくしもつい舞い上がってしまって、
彼の脚本の主役になる話を本気で受けようと思っていたのだけど…



「ジャングルの奥地に住む伝説の人喰い部族、べへロッホ!!」


……!?!?

「その古いしきたりを打破すべく立ち上がる酋長の娘、ゴルボボ・チャバサッサ!!」

………!!!???

わたくしに、ジャングルに住む人喰い部族の、野蛮な女を演じろって!!!??




「フザ、けんじゃ、ないわよ〜〜ッッッ!!!!!!!」



ほんっっっとーーーに!!!
最悪だわ!!!!!!

ついつい拳でミスター・ノースブルックを殴り倒してしまったけれど、フン、自業自得よ!!


この麗しく可憐な女子を相手にそんなこと要求する男、グーパンで天国行きが上等だわ!


…いえ、まだまだ甘かったかしら……?



だってこのパンチにも堪えず、まだ追いかけてくるんですもの!


あーーーーん!
ランチェスターのティーパーティなんて、来るんじゃなかったわ!
ミスター・プレオベールといい、ミスター・ノースブルックといい、
わたくしをどこまで貶せば済むのかしら!!!


……!!
まだ追いかけてくるわ……!!


もーーーうっ!
しつこーーーーーいっっ!!!

 
17:00 (14ago)デルフィナ・ロシオ・インファンテ - -
ill-matched


『お互い、次男に生まれた事に感謝をしなくてはな』


そう言って微笑む先輩の顔を思い出す。


爵位のある家に生まれたものの、家督を継ぐのは長男の役割。

次男である自分は比較的自由に選択をしてきたと思う。


そうやって育ったからなのか、はたまた生まれながらの性分なのか、

華やかな場所は、少し苦手だ…。


自分でもよく解らないけれど…

なんと言うか……


…そう、

自分の居場所ではないような…居心地の悪さ……。



今回、ランチェスターでティーパーティーを開催すると聞いた時、

あまり気乗りしなかった。


ジェリーノの様に、交友関係を広げられる事を素直に喜べなかった。


だから、プレオベール先輩に受付を換わって欲しいと頼まれた時、

心の隅で安堵した。


実際に参加してみたティーパーティーは、想像していた通り、

賑やかで、煌びやかで、

自分の居るべき場所とは少し違うような気がしていたから…。



ティーパーティー開催の発案はウィンストン先輩だと聞いたけれど、

肝心のウィンストン先輩は、

パーティーを楽しみたくて開催を提案したようにはあまり見えなかった。

もっと何処か、別の場所に目的があるように感じられたけれど…


その真意は、自分にも解らない。


…いや、知る必要もないのだろう。

学生時代の思い出の1ページを彩る行事が一つ増えた――。

それだけで充分なのだから。



そういえば、ウィンストン先輩と話していた時に転んでしまった彼女。

名前を聞くのを忘れてしまったけれど…

怪我はなかっただろうか。

とても大きな音を立てて転んでいたけれど、痣は出来ていないだろうか。

ティーパーティーに参加していたようだから、

きっとキルガーロンの寮生なんだろう。


あとでデルフィナに聞いてみよう――。

 
17:00 (14ago)オスヴァルト・ハーゲン・ダブロフスキー - -
安寧


ティーパーティーは無事に終わったようだ。

友人を案内していてそれほど関われなかったのが残念だが、
面白い趣向のゲームをしたりなど一応の盛り上がりを見せたようだ。


こういった余興においては、
この学校の卒業生ならば何になるにせよ必ず必要になるであろう
社交性やリーダーシップが問われる。


後輩たちの力を推し量るのもまた監督生の務めというところか・・・
その中でもオスヴァルト・ハーゲン・ダブロフスキーは頭一つ抜けた存在だ。


騒がしく動き回っていたのはスティードだが、
実際、会が滞りなく進んだのはダブロフスキーの貢献があったからこそ・・・


その能力から次年度の監督生に指名されるのは確実だろうが、
柔らかな物腰、そしてあの求心力・・・


大衆は愚かだが、結局のところ大衆を動かす知恵者が勝利を享受するのが世の常だ。
あの人たらしぶりは要注意、といったところだろうか。


そういえば、二人で話していたところにいきなり慌てて飛び出してきた女の子・・・
名前は確か・・・

・・・あぁ、ミス・オルランド。


結局、寮母さんに頼んでしまって、直接紅茶を持っていくことはできなかったが、
彼女は大丈夫だっただろうか・・・
他の寮生だったが、寮内の安寧を守るのも、監督生の責務だからな。

 
17:00 (14ago)ユージィン・セオフィラス・ウィンストン - -
afternoon tea


………はぁぁぁ。


今日は何て日だったのかしら……。


あんなところで偶然ウィンストン先輩とダブロフスキー先輩をお見掛けしたまでは良かったわ。

私って何て幸運なのかしら、って気持ちが少し浮わついたのがいけなかったのね。


…………はぁぁぁ………。


よりによって、あんなところで転ぶなんて!!

しかも、お二人の目の前で……


ぁぁぁぁぁぁ穴があったら入りたい!!

この世から消え去ってしまいたい……

惨めだわ…悲惨だわ最悪だわぁぁぁ………っ!



………でもー、でもでもでもー!


転んだお陰で、あんな至近距離でお二人のお顔を見られた上に…

ウィンストン先輩に、

……… 手を……

手を……………っ……!!


手を握ってもらえたわぁぁぁぁぁぁ♪


あれはダメよ、反則よぉぉ!!


はぁ…かっこよかった…

またあの最後のあれよ!!


「これは、監督生としての命令だよ」


きゃぁぁぁぁぁ///

ヤバイ、ヤバイヤバイー!!


かっこよすぎて死んでしまうかと思った…


嗚呼、でもダブロフスキー先輩の所々見せる優しい微笑み…

ブランケットを届けてくれたのは寮母さんだったけど…


ふと目があったとき、にこってするのよ?

ふわって、笑うのよ…?


あれもダメよー!!


…ブランケット、ダブロフスキー先輩から受けとりたかったなぁ…

何て、ウィンストン先輩が頼んでくれた紅茶を飲みながら思い返すのだけれど。



私、最悪な会い方をしてしまったけれど。

これはこれで、先輩方の中で少しは印象に残るかしら?



はぁー、次あったときまたあの甘いボイスで

「ミス・オルランド」

って呼ばれたいぃ〜♪



やっぱり、ティーパーティーって最高だわぁ………♪
17:00 (14ago)ヴィルナ・ファブリツィア・オルランド - -
Seasons of


いや〜楽しみ楽しみ…

僕は今、驚く程気分がいい!


なんてったって、あのヴァンデルフェラー伯爵家で開かれるパーティに行けることになったのだから!


いや〜ベニートは出来た後輩だなぁ…

先輩の為に、アンネリース嬢に掛け合ってくれるなんて…



妄想が膨らむなぁ!

ドレスは何色だろうか…
どんな色でも似合いそうだが…


僕の好みの淡いピンクとかを着てはくれないだろうか…


ドレスがふわっと広がって…
まるで花開いたように…

そしてこれまた、花がほころぶような笑顔で微笑んで…


うん!
楽しみで来月が待ち遠しいよ!



それにしてもグラシア…あ、いや

ベニートがあんなにイイヤツだとは知らなかったなぁ〜!


いつも図書館で本を読んでいるか、サロンで本を読んでいるかしかしていないあいつが…



…ん?
本を読むことしかしてないような…?


まぁいいか!


普段か僕が親切にしていたから、いつものお礼ってことかな!



人には優しくしておくものだなぁ!

男にも、もちろん女の子にも!
17:00 (14ago)ジェリーノ・ブリツィオ・アリゲッティ - -
Out of the mouth comes evil



「先輩思いの後輩を持って幸せだよ!」



何でこうなったんだろう…



「最高じゃないかっ!!」



なんで喜ぶかな…
僕の代わりに、って言ったの聞こえてるよね?


誘いが来なかったパーティーに別の人間の代わりに出席してどうぞ

――なんてさ。

あんまり先輩が良いな良いなって言うから、ちょっとからかうだけのつもりだったのに


こんなの明らかに(馬鹿にしてる)と思……わないのか……アリゲッティ先輩は

逆に感心するよ

あんなに浮かれられたら放置しとく訳にもいかないじゃないか



はあ…アンネリースにどう言おう
僕の印象まで悪くなったらどうしてくれるんだ



なるべく自然に、軽い冗談を言う感じで言えば…

いや、僕の柄じゃない…



って、何で僕が困らなきゃならないんだ?



完全に僕のからかい損じゃないか
先輩も相当アホだけど、そんな先輩に振った僕も僕。

ってことか…



せっかくの自由時間は潰れるし、面倒事は増えるし



最悪だ



こういうの何て言うんだっけ

Japaneseの本で読んだ覚えがある



“口は災いの元”



だったかな?




こんなことで学びたく無いんだけど…


覚えておこう


 

17:00 (14ago)ベニート・ソシモ・グラシア - -
…into the fire


「はぁ・・・はぁ・・・・・・っ!」





息が切れているのは、手紙をエディントンまで届けに行ったからではない。
ついでに言っておくと、ユージィンを探し回って疲れたせいでもない。





「ま、まさか・・・あんなところにミス・インファンテがいるなんて・・・!!」





ダブロフスキーに受付の仕事を頼んだのだが・・・
さすが、頼りになる後輩!嫌な顔ひとつせずに引き受けてくれて。
思わずユージィンやアリゲッティの愚痴をこぼしたのが運の尽き。


まさか、キルガーロンの名前を出したその瞬間に、
監督生のミス・インファンテが真後ろに立っているなんて
誰が想像できたであろうか。


あの目は・・・まるで狩人。
いや、野獣、か?


丁度頼まれていた用事を口実に逃げてきたのはいいものの、
あの光景を思い出すと、恐怖で震えが止まらない。
とはいえ、監督生がパーティーを放り出す訳にはいかない。
回り道をしながら、どうにかランチェスターまで帰って来たのだ。





―と、あそこにいるのはミス・クレムラートだな。
挨拶をしておかなければ。



「ごきげんよう。お隣よろしいですか?」


「え、えぇ・・・」




・・・ん?何故そんなに深刻そうな顔をしているんだろう?




「・・・デルフィナが、凄い顔をしていて・・・・・・」




デルフィナ・・・確か、ファミリーネームはインファンテ。








・・・インファンテ?












・・・・・・・み、ミス・インファンテ











恐る恐る向かいのベンチに目を向けると、
そこには狩人・・・いや、戦士の目をしたミス・インファンテ。
何故だろう、背景に深いジャングルが見える気がする。
酸欠でいよいよ幻聴まで見えてきたか・・・





いや、そんな事より。



神様



どうか



このパーティーが終わるまでは








彼女に見つかりませんように。
17:00 (14ago)スティード・レジス・プレオベール - -
恋する乙女


あの女……!

そう、リュシエンヌよ!

第5寮プレザンスの監督生!


あの女が

"もともとプレザンスに送るはずだったランチェスターからの招待状"

を、第6寮キルガーロンのわたくしに渡したの!


いつものあの落ち着いた優雅な微笑みで!


わたくしはてっきり、ごく自然に招待されたとばかり思っていたわ。

けれど、ミスタープレオベールが言っていたわ。


「プレザンスに届けたはずの招待状が、何故かキルガーロンに届いていて…」


って。

とても落胆した様子で!!

まるでお呼びでないとばかりに!


ほんと、失礼しちゃうわ!


わたくしたちだって、ランチェスターの生徒たちと付き合っているほど暇じゃないのよ?

もっともっと位の高い方々とお会いする機会だって…!

小物の相手はごめんだわ。


……そうよ。


けれど………。


あの、その、オスヴァルトなら、いいのよ?


だって、 わたくしと会えて嬉しいって…

わたくしがエディントンの方々のほうが良いって言った時だって…

ざ、残念だって…!



そ、それってどういう意味なのかしら…?



ああっ、もう!


言うだけ言って、行ってしまうんだから!
17:00 (14ago)デルフィナ・ロシオ・インファンテ - -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
LINKS