学園と寮での生活について綴った日誌
夢であるように


喝采が・・・聞こえる



勝利の喝采が



人々は勝利に酔いしれている



杯を交わし、咆哮をあげ、天高く拳を突き上げる



ああ、その群衆に打ち寄せられ・・・ボクは人海に溺れていく



それでもその渦の中心に向かって・・・



熱狂の核に向かってボクは叫び続けるんだ・・・



『ゴルボボ・チャバサッサ!!!!』



チャバサッサ!!
チャバサッ・・
チャバサ・・
チャバ・・



―あれ?



頭を振って辺りを見回す。
そこは見慣れた学園庭内。



だけどいつもと違うのは、なぜかボクは大の字に倒れていて
全身に鈍い痛みが走っている。



これはもしかして・・・名誉の負傷というやつだろうか?



そうとしか考えられない。
だって今しがたまでボクは、伝説の人食い部族ベヘロッホ・・・
その愛憎渦巻く内紛に勝利を収め、新酋長の誕生を祝福していたはずなのだから。



「・・・夢を・・・見ていたのかな・・・」



頬を優しく風が撫でる。



その度に走る全身の痛みはあまりにもリアルだ。
だけどこの痛みがどれだけ戦の記憶を呼び起こしても・・・
ボクの目の前に・・・もうゴルボボはいない。



ゴールドよりも
ルビーよりも
ボツワナアゲートよりも
ボルトウッド石よりも



誰よりもチャバサッサしていた彼女はもういないんだ・・・



痛みと、倦怠感を抱えて立ち上がる。
数瞬の間、熱と、狂騒が立ち込めるあのジャングルへの追憶にふけり───
ボクはポケットに手を突っ込み、背を向けて歩き出した。



「グッバイ・・・ゴルボボ」



いい夢が見れたよ。
ならばボクはこの夢を脚本にしよう。
ボクの夢は夢じゃなかったんだって、ボクのペンが証明しよう。



まずはボクの書く本が大好きな可愛い妹たちへ送ろう。
父上は・・・とても厳格な方だからこういうのはお嫌いかな。
そうして・・・いつか世界中の人に・・・子に、孫に、何百年も先・・・
未来に住む子供たちにも読んでもらえるように・・・



そうすれば、いつでもキミに会えるから。



だから少しのお別れだ。
またいつかのキミに会うときは
ベヘロッホはどんな風になっているのかな。



キミにも子供がいるのかな。
おばあちゃんになって、シワシワになっているのかな。
古いしきたりはすっかりなくな



『●×△■@!%¥¥?#$$!!!!』



な、なんだこの叫び声は!?
学園中・・・いや、もしかしたら実家のノースブルック家にも
届きそうなこの咆哮は一体何事・・・
これは・・・キルガーロンの方角か!?



・・・・!!



あれは・・・
第六寮に向かって全力疾走していったあの姿は・・・!



ねぇねぇ君!
今向こう側で走ってた・・・そう、馬車より速く走って行ったあの子!
何て名前だか知ってる?



え?第六寮のミス・インファンテ?
あ〜はいはいゴルボボインファンテね!
なんだなんだいるじゃないゴルボボ。
え?デルフィナ・ロシオ・インファンテ?
いやだからミス・チャバサッサだろう?



了解了解!
それじゃあちょっとキルガーロ・・・いや、ジャングルに行ってくるよ。
え?キルガーロンは女子寮だから入るのはマズイって?
だいじょぶだいじょぶ!



古いしきたりは打破するものだからね!
17:00 (14ago)ラファエル・エドモンド・ノースブルック - -
It’s my talent!!


才能とは・・・



才能とはかくも恐ろしきものだったのか・・・



何気なく、そうそれはほんの些細な一言・・・単なる世間話さ。
ボクは彼に・・・ユージィンにこう尋ねたんだ。



「そういえば見てくれたかい?この間のクリスマス公演」



そうしたら彼は言ったね。



「そりゃあ・・・監督生だからね。

(でもあんな傑作は見た事がないよ!あれはキャストでも音楽でもない・・・
 脚本が素晴らしいんだ!まったく身が震える思いだよ。
 まさか同級生に千年に一人の逸材がいるなんて・・・
 これからの時代を切り拓くパイオニアにこんな所で出会えるなんて、
 僕はなんて幸運なんだ!
 これからも一人の友人として・・・いや、ユージィンとして応援させて
 もらうよ!!!)」



と。



おいおいどうしたんだい、あんなものは一時の戯れ・・・
そう、ボクの意識とは裏腹にペンが走り出しただけさ。
だが後世に語り継がれる傑作というのは、案外そうやって生まれるのかもしれないね。



だが続けるように彼は言った。
そう、同じく監督生を務めるプレオベールだ。



「斬新・・・だったかな

(おいおい程々にしておきたまえよ?
 こう易々と傑作を産み出してしまっては、原作者であるシェイクスピアから
 恨まれるというものさ。
 これじゃあどちらが産みの親だかわかりはしない。
 後世の評論家たちは言うだろう。
 『え?シェイクスピアってラファエル・エドモンド・ノースブルックの
 弟子だった人じゃないんですか?』とね。)」



と。



なんという事だ・・・
シェイクスピアに捧げるオマージュが・・・
敬意が過ぎるあまり模倣がオリジナルを超えようとは・・・
この作品が世に出回ろうものなら「シェイクスピア論争」とも呼ぶべき議論が、
世界中で巻き起こるだろう。




ボクは、いたずらに世間を刺激してしまったのだろうか?




だが、ボクのペンは書く事をやめない。
神から授かりしこの才能を世に示さないという事は
それこそ「罪」に等しいからだ。



さぁ、再びペンを執ろう!
君達の学園生活を締めくくる最後の一ページのために・・・
待っていてくれたまえ、学友達よ!
17:00 (14ago)ラファエル・エドモンド・ノースブルック - -
inspiration!


インスピレーション!



それは、英語でひらめき。



インスピレィション!!



それは、フランス語でもひらめき。



インスピ・・・レェイッション!!!



つまり、ドイツ語でもひらめき!!



ああああ〜この世はひらめきであふれているよ!
そのひらめきの全てを脚本にして世に送り出すことは、
ボクの一生分の時間と才能を使い尽くしても足りるかどうか・・・



神よ、天才とは時に、その才能ゆえに苦悩するものなのですね・・・



が、目下ボクに課せられた使命は「送別会で使用する脚本」を
書き下ろす事だ。



いいね。



悪くないね。



心がざわつくね。



送別会といえば学園生活をしめくくる一大イベントだ。
それはスウィートなメモリーでもある。
更にいえばエキサイティングなパッションでもあり・・・
要するにナポレオンなボナパルトだ。



いいだろう!
ボクの全身全霊を傾けて学友達のために筆を執ろうではないか!



ミスター・ゲイソンが課題がどうとか単位がどうとか言っていたが
そんな事は些末な問題でしかない!
出来の良い台本は現実を凌駕する。
生きながらにしてヘヴンを味わえる事を、卒業生のみならず在校生にも
教えてやろうじゃないか!!



その時君達はディープなインパクトにK.O.するはずさ!!!



いいぞいいぞ〜、インスピレーションが止まらない!
何か・・・何か書くものはないか!?
イエスイエスあるじゃないかあるじゃないか!!
招待客リスト?関係ないね!



「創作と破壊は紙一重である」ってかのラファエル・エドモンド・ノースブルック
も言ってたからね!!
15:00 (14ago)ラファエル・エドモンド・ノースブルック - -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
LINKS