学園と寮での生活について綴った日誌
afternoon tea


………はぁぁぁ。


今日は何て日だったのかしら……。


あんなところで偶然ウィンストン先輩とダブロフスキー先輩をお見掛けしたまでは良かったわ。

私って何て幸運なのかしら、って気持ちが少し浮わついたのがいけなかったのね。


…………はぁぁぁ………。


よりによって、あんなところで転ぶなんて!!

しかも、お二人の目の前で……


ぁぁぁぁぁぁ穴があったら入りたい!!

この世から消え去ってしまいたい……

惨めだわ…悲惨だわ最悪だわぁぁぁ………っ!



………でもー、でもでもでもー!


転んだお陰で、あんな至近距離でお二人のお顔を見られた上に…

ウィンストン先輩に、

……… 手を……

手を……………っ……!!


手を握ってもらえたわぁぁぁぁぁぁ♪


あれはダメよ、反則よぉぉ!!


はぁ…かっこよかった…

またあの最後のあれよ!!


「これは、監督生としての命令だよ」


きゃぁぁぁぁぁ///

ヤバイ、ヤバイヤバイー!!


かっこよすぎて死んでしまうかと思った…


嗚呼、でもダブロフスキー先輩の所々見せる優しい微笑み…

ブランケットを届けてくれたのは寮母さんだったけど…


ふと目があったとき、にこってするのよ?

ふわって、笑うのよ…?


あれもダメよー!!


…ブランケット、ダブロフスキー先輩から受けとりたかったなぁ…

何て、ウィンストン先輩が頼んでくれた紅茶を飲みながら思い返すのだけれど。



私、最悪な会い方をしてしまったけれど。

これはこれで、先輩方の中で少しは印象に残るかしら?



はぁー、次あったときまたあの甘いボイスで

「ミス・オルランド」

って呼ばれたいぃ〜♪



やっぱり、ティーパーティーって最高だわぁ………♪
17:00 (14ago)ヴィルナ・ファブリツィア・オルランド - -
I can't wait!!


はぁぁぁぁぁ!!!


ついにっ…


ついに今日が来てしまいました。


ランチェスターで行われるティーパーティー。


まさかまさかまさか!!


キルガーロンにお誘いのお声が掛かるなんて……


正直、昨日はあまり眠れなかったわ。


楽しみすぎて、目が冴えてしまって。


ティーパーティーと言えばぁ…


やっぱりアッサム辺りがいいかしら…?


ミルクをたっぷり入れてミルクティーにしてー…


それかぁ…


ダージリンで大人にストレート?


キャンディでおしゃれに??


あああぁぁ…悩ましいわぁ…


何より…普段遭うことの少ないランチェスターの方々と…


恋に落ちてしまったらどうしよう…!!


どんな方々がくるのかしら…


監督生の方と相席してしまったらどうしよう……



ほぁぁあぁぁー!!


……あぁ、受付が見えてきたわ。


いけない、今日はおしとやかに振舞わなくちゃ。


素敵な出会いがあるかもしれないんだからぁ♪


はぁー、楽しみ!


楽しい時間に出来たらいいなぁ…♪
09:00 (14ago)ヴィルナ・ファブリツィア・オルランド - -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
LINKS